改修工事

以前から畳の張り替え時期が来ていましたので、これを機に外陣の畳を板張りにしました。足触りが柔らかい無垢の杉材を用いています。

人と環境にやさしい塗料を使用しました。

塗料が木の本来持っている木目や柔らかさ、美しさを強調し、表現してくれます。

紫外線による木材の変色、劣化、木材のヤセ、狂いの防止等、木材の耐久性を向上させる保護機能を持っています。木材と親和性の高い天然植物性の特殊油脂を用いているためです。 木材中によく浸透して、内部で硬化し補強効果が発生します。

経年劣化により、だいぶ木が痛んでおりましたので、新しい材料に交換して頂きました。手水舎を建立した際に残っておりました青森ヒバがちょうど良いサイズでしたので、これを用いました。ヒバはヒノキチオールが豊富に含まれており、耐久性にも優れているそうです。どうしても雨水を受ける場所でもありますので、水にも比較的強く以前より厚みもある木材を使用する事で、暫くは大丈夫かと存じます。